【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件


ネットで在宅副業:お役立ち情報


副業本業を無理なく両立させる3つのポイント


1)副業開始の前に「就業規則」を確認しましょう

就業規則・企業規定にはほとんどの場合、副業やアルバイトに関する規定が記載されてます。記載されていなかった場合は、社員契約書を確認しましょう。それでもわからない場合には、事務・経理・総務などの社員に確認する必要がありますが、正規の書面の方が確実です。


2)副業開始の前に「働ける時間」を確認しましょう

ネット副業では種類によって毎日更新が必要なものから、一度作ってほとんど放置するものまで様々です。まず自分が副業に使える時間を把握してから計画的に取り組むことをお薦めします。ネット副業では、継続してコツコツ成果を出して行くものが大半ですので、最初から一気に結果を出すことはまず望めないでしょう。


3)年間20万円を超えれば確定申告が必要になります

副業によって会社の給与外から収入が発生すれば、年末調整にあわせて確定申告が必要になります。確定申告で所得税、住民税の支払い方法を自分で選ぶことができます。その際、所得合算した場合はもちろん会社で把握している所得分の税金を超過するため会社には副業行為が発覚してしまいます。

《副業を会社にバレたくない場合》

副業による収入を年収20万未満に抑えることです。税金がかからなければ、確定申告の必要もありませんので、非課税対象となり会社に副業がバレる心配はありません。

《副業年収が20万円を超える場合で、会社にバレたくない場合》

【分離支払で納税する】会社給料は年末調整、副業は確定申告を行います。確定申告の際には、税金を自己支払し本業の給与所得と合算しないようにします。そうすれば、会社給料分に対する税金と、副業分の税金が完全に分離するため、会社へバレる心配はなくなります。※副業年収が20万円を超える場合で確定申告を忘れてしまうと脱税行為となるので注意が必要です。




blogranking80 【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件


ビジネス・仕事ランキング

@With 人気Webランキング
ranking01 00 【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件
ランキングはこちらをクリック!
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
www103 20 1 【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件


副業サラリーマン自己紹介


fukugyo1 副業サラリーマン自己紹介

ネット副業に挑む!平凡なサラリーマンです。32歳年収380年の超凡人がアフィリエイトを始めとする在宅ネット副業で本当に稼げるのか実証します!




はじめまして、私は「副業サラリーマン」と申します!現在ピチピチの32歳、都内勤務のごく平凡なサラリーマンです。端的に言えばおっさんです。
給料は全国平均よりも低いです・・・(涙)
そんな平均以下の私がなぜ副業するに至ったのかをご紹介いたします。

《私が副業を始めた二つの理由》

1)なぜこれからのサラリーマンに副業が必須なのか?

2012年、日本経済は低迷を続け、ソニー、シャープ、パナソニック・・・名だたる大企業が数千人〜1万人規模のリストラ敢行を余儀なく敢行される時代となりました。ユニクロでおなじみのファーストリテイリング社を筆頭に、日本製造企業は海外企業との価格競争力を担保するため工場を次々と物価の安い海外を点々としています。これらのSPA(開発・製造・流通を一環して統合して実行する)戦略思考は製造業だけではなく、これからのあらゆる産業に求められつつあります。あるwebデザイン会社の圧倒的な低価格を実現している仕組みは、コーディング作業は全て人件費の安い海外に委託しています。日本との技術差は実質ほとんどないのが現状ですので国内のコーダーはお払い箱となります。日本のスタッフを雇う必要がなくなってしまう流れは今後益々加速していく見通しです。そうなれば、多くの日本企業が低価格競争に参加せざるを得ない状況になるため労働賃金の安い優秀な外国人への業務委託が進み、会社のために真面目に働き続けた社員でさえあっさりリストラされていしまうでしょう。経営者やマネジメントのできる人材(知的労働者)以外の日本国内の作業労働者はすべて淘汰されてしまうかもしれません。あるいは海外相場と同じくらいの安い給料で仕事を続けるという選択しか残されない時代がすぐそこまで迫っています。

そのために個人ひとりひとりが単独で稼ぐ力が必要だと考えました。これが1つめの副業へのチャレンジの動機です。


2)一度しかない人生を自由に生きてみたい


サラリーマンが抱える3つの悩み

《①金銭面の厳しさ》

  • お小遣いが少なすぎてキツい。。。
  • 住民税が高すぎる。。。
  • 消費税が上がった。。。
  • 将来、年金はもらえるのか?もらえないかもしれないなら払うのをやめようか。
  • せっかくの友人からの結婚式の招待を金銭面から心から喜べない自分が嫌だ。。

《②子作り・家庭への弊害》

  • 年齢的にもそろそろ子供がほしいけど、経済的に難しい。。。
  • 両親の実家が遠いので子育てがキツい。保育園に預け続けるお金もないし、
    共働きしても子育てするお金が足りない。。。
  • 結婚はしているが、お互い忙しくすれ違いが多くなった。。。

《③精神の閉塞感》

  • 会社は残業がキツいし、休日出勤もあるのに給料がぜんぜん上がらない。。。
  • 人生のほとんどの時間を拘束されて働くのがむなしい。。。
  • 食べる・寝るの繰り返しで、気付けば老後ってあんまりだ。。。
  • 窮屈な生活から、華やかな生活に変えたい。。。



上記のようなことを考えたことはありませんか?

私は正直何度もあります。人の笑顔が見たい、世の中を良くしたいなどキレイな理由ではありません(そのような考えは素晴らしいと思いますが)。「自らが、あらゆる社会的制約から解放され、自由な精神を獲得すること」です。

これが2つ目の副業へのチャレンジの動機です。



  • あと月収1万円増えたら、欲しいものが買える!
  • あと月収10万円増えたら、どんなに生活が楽になるだろう!
  • あと月収100万円増えたら、どんな世界を感じることができるんだろう!!

《目指す副業のビジネスモデル》
安定した、尚かつ不労所得が理想です。それを実現するのは「在宅×ネット」であることが必須だと考えています。ここでいう不労は、最初に構築してしまえば後は放置(あるいは最小限のメンテナンス)で利益を産み続けてくれるというシステムを指しますので、「誰でも」「簡単に」「空いた時間で」などといった甘い話であるはずがありません。どんな形態のビジネスでも最初に知識を得て実装するまでにあらゆる努力をすることはもちろん、時間を投資する覚悟も必要です。大きなチャレンジにはなりますが、軌道に載ることができれば安定的に巨額の利益を挙げてくれるのがネットビジネスの最大の魅力です。また初期コストがかからない、在庫余りも不足もない、サイト上では人件費をかけることなく24時間無休で集客営業してくれるのでスタートする際にリスクはありません。

副業サラリーマン.jpでは、平凡なサラリーマンの私が現在ネットに往航している副業方法で実際本当に稼げるかどうかを一つひとつ事実検証しながら、収支経過や感想を公開していきます。

一人でも多くの、同じような境遇・悩みを抱えるサラリーマンの方のお役に立てればなによりです!



[!ご注意!]
当ブログは、私個人の意見・解釈を述べたものですので必ず正しいとは限りません。読者の方の個人的・個別具体的な事情までは想定しておりませんので、あくまでも参考意見の一つだとご解釈頂ければ幸いです。




追伸.このサイトのコンセプトは『馬鹿正直』です。良いことも悪い事も一切包み隠さず公表します。正真正銘のリアルな情報です。本当にあったことしか公開しません。その点に価値を感じて、あなたの実践に移すきっかけになれれば幸いです。2013.4.7 副業サラリーマン



www103 20 1 副業サラリーマン自己紹介