【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件


ネットで在宅副業:お役立ち情報


副業本業を無理なく両立させる3つのポイント


1)副業開始の前に「就業規則」を確認しましょう

就業規則・企業規定にはほとんどの場合、副業やアルバイトに関する規定が記載されてます。記載されていなかった場合は、社員契約書を確認しましょう。それでもわからない場合には、事務・経理・総務などの社員に確認する必要がありますが、正規の書面の方が確実です。


2)副業開始の前に「働ける時間」を確認しましょう

ネット副業では種類によって毎日更新が必要なものから、一度作ってほとんど放置するものまで様々です。まず自分が副業に使える時間を把握してから計画的に取り組むことをお薦めします。ネット副業では、継続してコツコツ成果を出して行くものが大半ですので、最初から一気に結果を出すことはまず望めないでしょう。


3)年間20万円を超えれば確定申告が必要になります

副業によって会社の給与外から収入が発生すれば、年末調整にあわせて確定申告が必要になります。確定申告で所得税、住民税の支払い方法を自分で選ぶことができます。その際、所得合算した場合はもちろん会社で把握している所得分の税金を超過するため会社には副業行為が発覚してしまいます。

《副業を会社にバレたくない場合》

副業による収入を年収20万未満に抑えることです。税金がかからなければ、確定申告の必要もありませんので、非課税対象となり会社に副業がバレる心配はありません。

《副業年収が20万円を超える場合で、会社にバレたくない場合》

【分離支払で納税する】会社給料は年末調整、副業は確定申告を行います。確定申告の際には、税金を自己支払し本業の給与所得と合算しないようにします。そうすれば、会社給料分に対する税金と、副業分の税金が完全に分離するため、会社へバレる心配はなくなります。※副業年収が20万円を超える場合で確定申告を忘れてしまうと脱税行為となるので注意が必要です。




blogranking80 【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件


ビジネス・仕事ランキング

@With 人気Webランキング
ranking01 00 【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件
ランキングはこちらをクリック!
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
www103 20 1 【サラリーマン必見】確定申告せず副業がバレない条件


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>